ニュースブログでアフィリエイト

気になるニュースをブログで紹介。 アフィリエイトで在宅小遣い稼ぎ。
在宅アフィリエイトでお小遣い稼ぎ
アフィリエイトでお小遣い稼ぎをする為には、まずはASPに登録しましょう!

ウェブサイトで収入を得る!バリューコマースなら出来る!

登録サイト50万突破のA8.net



そしてとにかくアフィリエイトで稼ぎたいと言う人はこの下のサイトへの登録も忘れずに。

SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート 商品無料仕入れ戦隊『電脳卸』

サークルネット

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

若槻千夏、12月に結婚か!? 

若槻千夏、12月に結婚か!?
10月27日17時8分配信 スポーツ報知

 タレントの若槻千夏(23)が27日、東京・原宿のアメーバスタジオの番組の公開生放送に出演した。

 若槻のブログ「マーボー豆腐は飲み物です。」は常時1位に輝く人気で、31日に書籍として発売されることが決定。同書はブログでの内容のほかに若槻が書き下ろした絵本が付録。当初、若槻は絵本だけで書籍化を望んでいたというが「主人公がウ○コなので、それだけでは本にできないと言われた」とか。

 また常々「10月までに結婚する」と宣言していたが「ちょっと延ばして12月ぐらいですかね。再来月に重大発表と言ったらそれ(結婚)だと思って下さい」。現時点では彼氏もいないようで、先日、婚約を発表した青木さやか(34)に「恋愛に対して私と同じぐらいマジメなのでうれしい。結婚に踏み出した理由を聞いて吸収したい」と伝授を期待した。




若槻千夏、改めて年内結婚宣言!
10月27日14時42分配信 オリコン

スポンサーサイト
[ 2007/10/27 21:14 ] エンターテイメント | トラックバック(-) | コメント(-)

ヘリ線路に墜落、2人死亡=客乗せデモ飛行中 

ヘリ線路に墜落、2人死亡=客乗せデモ飛行中-南海高野線運転見合わせ・堺市
10月27日19時2分配信 時事通信

 27日午後3時5分ごろ、堺市堺区遠里小野町の南海電鉄高野線の線路上に、大阪航空(本社大阪府八尾市)所有のヘリコプターが墜落した。パイロットと乗客の男性2人が乗っており、2人とも死亡した。電車や墜落現場周辺の民家に被害はなかった。府警堺北署が墜落原因を調べている。
 同署によると、ヘリは午後2時50分ごろに男性客1人を乗せて八尾空港を飛び立ち、10-15分のデモ飛行をして空港に戻る予定だった。
 大阪航空によると、ヘリは米国製の「ロビンソン式R22型」で2人乗り。乗っていたのは奈良県橿原市の大阪航空社員山本克彦さん(40)と客で神戸市灘区の山本一樹さん(44)という。離陸後、管制官に「これから帰る」と伝えた後、無線交信が途絶えた。山本さんは飛行経験が5-6年の中堅パイロット。
 南海電鉄によると、墜落現場は大和川を挟んだ高野線の我孫子前-浅香山間で、同駅の北約300メートルの線路上。堺市役所のある市中心部からは北東約2キロの地点になる。
 運行中だった電車は両駅付近で停車。高野線は一時、難波-橋本間で上下線とも運転を見合わせた。線路や架線に被害が出ているほか、信号ケーブルが切断されており、事故区間の復旧見通しは未定という。 



<墜落>ヘリが堺市の南海線線路上に 1人死亡、1人重体
10月27日16時25分配信 毎日新聞


堺市の南海電鉄線路にヘリ墜落、2人死亡
10月27日18時58分配信 読売新聞


<ヘリ墜落>大阪・堺の南海線路上に 搭乗の男性2人死亡
10月27日18時10分配信 毎日新聞

[ 2007/10/27 19:30 ] 国内ニュース | トラックバック(-) | コメント(-)

王者の内藤、亀田興の会見に「立派だった」 

<ボクシング>王者の内藤、亀田興の会見に「立派だった」
10月26日19時49分配信 毎日新聞


亀田大と対戦した王者の内藤大助は26日、東京都内の宮田ジムで取材に応じた。亀田興の会見の模様を夕方のテレビニュースで見た内藤は「大毅君からもお父さん(史郎氏)からも謝罪を受けているし、僕の中では終わっている話」と語った。亀田興の会見での態度については「自分が言うのも変だが、立派だった。反則の指示も言い訳せずに認めていたし、思いが伝わってきた」と、13歳年下の後輩をたたえた。 

[ 2007/10/26 23:17 ] スポーツ | トラックバック(-) | コメント(-)

<タイ>12月23日の総選挙が決定 

<タイ>12月23日の総選挙が決定 激しい前哨戦を展開
10月25日19時2分配信 毎日新聞


【バンコク藤田悟】タイ総選挙の実施を布告する国王勅令が25日発効し、12月23日投票が正式に決まった。タクシン政権を崩壊させた昨年9月の軍事クーデター以来初めて行われる選挙で、軍主導の暫定体制から民主体制へ復帰するための重要な節目となる。政権奪回をもくろむタクシン前首相支持勢力と、それを阻止したい旧野党勢力が激しい前哨戦を展開するほか、暫定政権の思惑も加わり、複雑な様相となっている。

 総選挙(下院選挙)は、8月の国民投票で承認された新憲法下で初めて行われる。タクシン政権時のような巨大政党出現による権力集中を防ぐため、小選挙区制を廃止し中選挙区制を復活させた。定数は480(選挙区400、比例代表80)。

 今年5月の最高裁判決で解党処分となった前政権与党・タイ愛国党の前議員が大量移籍した国民の力党と、旧最大野党の民主党を軸にした争いとなる。その他の旧野党や、旧愛国党議員らが結成した新党など10近い政党で議席を争う。

 国民の力党には、愛国党の前議員377人のうち、約270人(うち111人は解党判決に伴い被選挙権停止)が合流し、前首相支持勢力を結集する有力政党となった。党首のサマック前バンコク都知事は「タクシン前首相の代理人」を自称し、「暫定政権は軍を使い、わが党の活動を妨害しようとしている」と非難、対決姿勢を強めている。

 暫定政権側は、汚職防止法違反容疑などで逮捕状が出ているタクシン前首相の身柄引き渡しを、前首相が滞在中の英国政府に求めるなどタクシン派をけん制している。

 現在の情勢では、タクシン氏支持者が多い北部や北東部を地盤とする国民の力党が最有力で、バンコクや南部が地盤の民主党がこれに次ぐ。政党乱立でいずれの党も単独で過半数を獲得するのは難しい情勢だ。

 両勢力は水面下で激しい攻防を展開し、前議員の引き抜き合戦も活発化している。従来の選挙では議員の移籍料は3000万バーツ(約1億円)前後だったが、今回は4000万~5000万バーツに高騰しているといわれる。



[ 2007/10/25 22:10 ] 海外ニュース | トラックバック(-) | コメント(-)

MNP導入から1年経過、各社の増減が明らかに  

MNP導入から1年経過、各社の増減が明らかに
10月24日18時32分配信 Impress Watch

10月24日、他社に乗り換えても同じ電話番号が利用できる「携帯電話番号ポータビリティ」(MNP)の導入から1年が経過した。MNP対象であるNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイル各社のユーザーの利用実績が明らかになった。

 KDDIは24日、MNP導入1周年にあわせ、MNP開始から昨日までのMNP利用数を発表した。速報ベースでの数値となるが、auではポートイン(他社からの転入)/ポートアウト(他社への転出)を合算した件数が128万5,700件に達した。また他社への乗換のみ可能なツーカーについては、53,500件のマイナスとなり、KDDI全体では123万2,200件の増加となった。

 NTTドコモとソフトバンクモバイルはMNP開始から今年9月末までの数値を明らかにしている。それによれば、NTTドコモは109万1,400件のマイナス、ソフトバンクモバイルは10万5,100件のマイナスとなっている。

 過去1年の動向を見ると、当初からauではポートインが多く、各社の中で唯一1年を通じて毎月プラス(転入超過)を記録した。またNTTドコモは全ての月でマイナスとなっている。ソフトバンクモバイルは、昨年10月~今年3月までマイナス続きだったが、4月からはプラスに転じている。

■ URL

  KDDI ニュースリリース

  http://www.kddi.com/corporate/news_release/2007/1024/


番号ポータビリティ開始から1年──KDDIのMNP純増数は123万2200件
10月24日16時3分配信 +D Mobile
[ 2007/10/24 22:19 ] 携帯 モバイル | トラックバック(-) | コメント(-)

稼頭央ワクワク「大輔を攻略したい」 

稼頭央ワクワク「大輔を攻略したい」
10月22日18時20分配信 日刊スポーツ

ワールドシリーズでレッドソックスと対戦することが決まったロッキーズ松井稼頭央内野手(31)は「レッドソックスは投手も野手も非常にいいので、楽しみな試合になると思う。大輔(松坂)は今まで(西武時代に)後ろで見ていたが、今度は対戦相手となる。いいボールを投げるので、何とかチームとして攻略したい」。西武時代の後輩との対戦を楽しみにしていた。

[ 2007/10/23 09:01 ] スポーツ | トラックバック(-) | コメント(-)

消えゆくドライブインシアター 

消えゆくドライブインシアター 上映数や料金…シネコンに押され
10月22日15時15分配信 産経新聞

≪常設は国内1カ所に≫
 駐車場に止めたマイカーに座ったまま、巨大スクリーンを見ながら気軽に映画を楽しめる「ドライブインシアター」(DT)が、姿を消しつつある。全盛期の90年代初頭は全国20カ所以上にあったが、千葉県野田市のDTが8月末で幕を閉じ、同県船橋市に国内で初めて81年に設置されたDTも10月末での閉館が決定。国内に残る常設のDTは神奈川県大磯町の1カ所だけになった。デートスポットなどとして人気を集めたDTが、なぜ下火になったのか。背景を探った。(西岡瑞穂)


[ 2007/10/23 08:50 ] 国内ニュース | トラックバック(-) | コメント(-)

浜崎あゆみ パチンコ台でもタカビー  

浜崎あゆみ パチンコ台でもタカビー
10月22日10時0分配信 日刊ゲンダイ

 年末にも登場すると報じられた浜崎あゆみ(29)のパチンコ台が、ここにきて発売自体が危ぶまれている。パチスロ機が出玉規制で壊滅的打撃を受ける中、全国のホールからは「歌姫」のパチンコ台誕生に大きな期待がかけられていた。一体何が起きているのか。
「商品化が遅れているのは、浜崎サイドがキャラクター使用料を吹っ掛けすぎているのが原因のようです。同じエイベックス所属の倖田來未のタイアップ機が6月に発売され、13万台のヒット。強気のエイベックスが、通常は超大物でも販売価格(平均20万円)の1%程度とされるロイヤルティーを3%程度要求し、交渉が難航しているようです」(関係者)
 商品化されれば、「海物語」「ぱちんこ必殺仕事人」シリーズに続くヒット作になる可能性があるとはいえ、3%が“適正価格”だった頃は、遠く過ぎ去りし過去になっている。



浜崎あゆみと長瀬智也に共倒れの危機!? 
10月20日10時0分配信 日刊ゲンダイ

[ 2007/10/23 07:18 ] エンターテイメント | トラックバック(-) | コメント(-)

ライコネン初の総合V中嶋は10位/F1 

ライコネン、大逆転で初王座 F1最終戦ブラジルGP
10月22日3時14分配信 産経新聞

 熾烈なシーズンは、史上まれに見る大逆転で幕を閉じた。F1世界選手権今季最終第17戦・ブラジルGPは21日(日本時間22日未明)、サンパウロ郊外のインテルラゴス・サーキット(1周4.309キロ)で22台が出走して71周の決勝を行い、フェラーリのキミ・ライコネン(フィンランド)が優勝。ドライバーズ・ポイントでマクラーレン・メルセデスのルイス・ハミルトン(英国)、フェルナンド・アロンソ(スペイン)を逆転し、初の王座に輝いた。
 予選3番手のライコネンはスタートで2位に浮上。終盤までトップを走った同僚のフェリペ・マッサ(ブラジル)を54周目にピットインのタイミングで抜き、そのままトップチェッカーを受けた。ライコネンは今季2戦連続6勝目、通算15勝目。優勝タイムは1時間28分15秒270(平均時速207.972キロ)だった。
 3年連続王座を目指したアロンソは3位。2番手スタートのハミルトンは出だしてライコネン、アロンソに抜かれると、途中、マシントラブルで大きく順位を落とした。その後、追い上げたが7位で終わった。
 この結果、ドライバーズ・ポイントはライコネンが110点。ハミルトン、アロンソともに109点となり、ライコネンがランク3位から逆転した。フィンランド人の世界チャンピオンは1999年のミカ・ハッキネン以来。
 日本人初のF1レギュラードライバー、中嶋悟氏の長男で、これがF1デビューとなった一貴(ウィリアムズ・トヨタ)は10位。佐藤琢磨(スーパーアグリ・ホンダ)は12位でゴールした。山本左近(スパイカー・フェラーリ)は他車に接触し、12周でリタイアした。


【F1】ブラジルGP、K.ライッコネンが大逆転! フェラーリ、ダブルタイトル獲得!
10月22日3時38分配信 ISM


ライコネン初の総合V中嶋は10位/F1
10月22日3時5分配信 日刊スポーツ


ブラジルGP決勝 ライコネン、悲願のチャンピオン獲得! 中嶋の初レースは10位完走
10月22日3時3分配信 TopNewsレース速報


[ 2007/10/22 04:30 ] スポーツ | トラックバック(-) | コメント(-)

滑走路上にエアカナダ機=日航機、着陸やり直し 

滑走路上にエアカナダ機=日航機、着陸やり直し-管制指示、伝わらず・関空
10月21日17時31分配信 時事通信


関西国際空港で20日夕、出発しようとしていたエアカナダ機(乗客乗員216人)が、管制官の指示に反する形で滑走路に入り、同じ滑走路に着陸しようとしていた日航機(同243人)が、着陸をやり直していたことが21日、分かった。国土交通省航空・鉄道事故調査委員会は、一歩間違えば衝突の危険があった重大インシデントに当たるとして、調査官3人を同空港に派遣した。
 国交省によると、トラブルがあったのは、20日午後6時10分ごろ。空港の管制官は、離陸のため誘導路上にいたカナダ・バンクーバー行きエアカナダ36便ボーイング767―300型機に、A滑走路の手前で待機するよう指示した。
 これに対し、エアカナダ機は「ポジション 24レフト(A滑走路)」と、日本では通常、管制官とパイロットの交信で使用しない表現で応答。
 管制官はエアカナダ機が待機を了解したと判断し、同機側に確認せず、着陸しようとしていた那覇発の日本航空2576便ボーイング767-300型機に着陸を許可した。
 着陸体勢にあった日航機から「滑走路付近で動いている航空機がある」と指摘されたことなどから、滑走路上を確認すると、エアカナダ機が滑走路に入っていることが判明。管制官は直ちに日航機に着陸復行(着陸のやり直し)を指示し、衝突は回避された。

 
[ 2007/10/21 19:18 ] 国内ニュース | トラックバック(-) | コメント(-)
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
アクセスカウンター

現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
最近のトラックバック
プロフィール

Author:bangkokcosy
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム
足あと


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。